No.13-001

赤ちゃんの成長というのは目まぐるしいもので、つい最近ハイハイを始めたと思ったらついに歩くようになってビックリするものですね。

ママとしては、こうした赤ちゃんの成長は嬉しいものですが、歩くことが上手になってくると赤ちゃんは歩くことが楽しくてたまらないようで、抱っこを嫌がり目を離すと何処へでも歩いて行ってしまうなんてことも!

こうなると赤ちゃんから目を離すことができず出先でも神経を使いっぱなしで疲れきってしまうママも少なくありません。

こうした赤ちゃんを危険から守る為のアイテムとして「ハーネス」が挙げられます。

評判は賛否両論!ハーネスってなに!?

harness

ハーネスとは、別名「迷子紐」「リード」といった呼ばれ方もするアイテムで簡単にいうと、赤ちゃんに装着する紐のようなものですね。

リュックタイプや身体に装着するタイプなどがありますが、赤ちゃんにハーネスをつけママやパパなど一緒に歩く大人がそこから伸びる紐を掴んでいることで、歩き始めの赤ちゃんを危険から守ることができるアイテムです。

しかし、このハーネスには賛否両論あり・・・

賛成意見としては、

  • 赤ちゃんの迷子を防止できる
  • 駐車場や道路などの危険な飛び出しに対応できる
  • いきなり走り出す赤ちゃんを制止することができる

などがある反面、
反対意見として、

  • 犬のようで見栄えが良くない
  • ハーネスをつけていることに安心してしまい、危険予知が甘くなる
  • いきなり紐を引くことで、赤ちゃんが転倒し怪我をさせてしまう可能性

などもあるのです。

赤ちゃんにハーネスはあり!?なし!?

前述した通り、赤ちゃんにハーネスをつけることには賛否両論あり、どちらが良いのかはっきりと断言することはできません。

ただ、ハーネスを正しく使う分には赤ちゃんを危険から守ることができるアイテムであることは明確だといえるでしょう。

大切なのは「ハーネスを使っていることで安心しない」ということ。

反対意見の一つにもあるのですが、ハーネスを使っているから大丈夫と過信してしまうのはあまり良いことではありません。

ハーネスを使っていても、赤ちゃんの危険を予知する必要はありますし、急に紐を引っ張ったら赤ちゃんを転倒させてしまう可能性なども考慮し、安全第一に正しく使用することで赤ちゃんを危険から守ることができるアイテムだといえるでしょう。

また、人ごみなど周囲に人が大勢いる場所でハーネスを長く伸ばし使用するのは返って危険を伴いますので、その場に応じて使うことをおすすめします。

大切なのは、赤ちゃんを危険から守ることです。

ハーネスを過信せず、危険予知しながら臨機応変に正しく使いましょう。

>> ベビー ハーネス 一覧

aka-coupon-728_90
>> 妊娠・出産・育児を楽しくする通販サイト 赤すぐnet