No.14-001

周りの赤ちゃんは静かにベビーカーに乗っているのに、我が子は何故かギャン泣きで嫌がる・・・

こんな悩みを持つママ、実は少なくないのです。

周りの赤ちゃんが静かにベビーカーに乗っていると「何でうちの子だけ?」なんて不安になってしまいますよね。

何故、ベビーカーを嫌がるのか?その理由を知り対策を取ることで、ベビーカー嫌いの赤ちゃんも泣かずに乗ってくれるようになりますので是非、試してみて下さいね。

赤ちゃんがベビーカーを嫌がる3つの理由

出産前は「赤ちゃんはみんな静かにベビーカーに乗っているもの」なんて思ってしまいがちですが、実はベビーカー嫌いな赤ちゃんは珍しくないのです。

何故、ベビーカーを嫌がるのか?3つの理由を紹介します。

1.暑い、寒い、乗り心地が悪い

自分と置き換えてみると分かりますね。

大人だって暑いところや寒いところは不快に感じますし、ガタガタ動いて身体が色々なところにぶつかったり、強い振動を受け続ければ不快に思って当然。

これは赤ちゃんだって同じことです。

ベビーカーの環境や乗り心地が原因というケースはとても多いといえます。

2.飽きてしまう、つまらない

赤ちゃんは色々なものに興味を示すものですが、ずっと同じような体制でベビーカーに乗っていると飽きてしまったり、つまらなく感じる子も珍しくありません。

ベビーカーに乗っている=楽しいという訳ではないということですね。

3.ママが見えないと不安、抱っこして欲しい

赤ちゃんに色々な景色を見せてあげようと、進行方向を向かせてしまうとギャン泣きというケースも少なくありませんね。

また、赤ちゃんがママに甘えたい、抱っこして欲しい時にベビーカーに乗せられてしまうと寂しくて泣いてしまうこともよくあることです。

赤ちゃんのベビーカー嫌いを克服するには!?

赤ちゃんがベビーカー嫌いになってしまう代表的な理由を3つ紹介してきました。

では、ベビーカー嫌いを克服するにはどうしたら良いのか?
理由に合わせた3つの対策法を紹介します。

1.暑い、寒い、乗り心地が悪い場合

季節や気温などに合わせて、ベビーカーシートやブランケットなどを変えてあげると良いでしょう。

汗をかく時期であれば、通気性の良い素材、逆に寒い時期であれば保温効果のある素材やブランケットを温かい素材のものへ・・・

ベビーカー本体を変えるのではなく、ベビーカー用のアイテムをうまく利用して対応してあげることで、赤ちゃんはベビーカーでも快適に過ごせるようになります。

2.飽きてしまう、つまらない場合

ベビーカーに乗っていても飽きてしまう、つまらないといった場合には、ベビーカー用のおもちゃを取りつけてあげることをおすすめします。

いつも使っているお気に入りのおもちゃでも良いのですが、移動中、落としてしまう可能性もありますので、こうしたハプニングを避ける為にベビーカーに取り付けられるタイプを用意しておくと安心ですね。

3.ママが見えない、抱っこして欲しい

赤ちゃんをベビーカーに乗せる前は、しっかりと抱っこしてあげましょう。

ベビーカーに乗せる前に赤ちゃんをしっかり抱っこしてあげることで、安心させてあげることができます。

また、ベビーカーに乗せている際は、こまめに声掛けするのもおすすめです。

こまめに声掛けすることで、赤ちゃんはママが近くにいることを認識できますので、不安や寂しさを軽減させることができます。

このように、ベビーカー嫌いな赤ちゃんも少し工夫してあげることで少しずつベビーカーを克服することができるようになりますので、是非、お試し下さい。

aka-coupon-728_90
>> 妊娠・出産・育児を楽しくする通販サイト 赤すぐnet