No.06-001

出産後、1カ月検診も無事終わり、そろそろ赤ちゃんを連れて外出する機会も出てくる時に必要なアイテムとして挙げられるベビーカー。

常に抱っこだと両手がふさがってしまう上、危険もいっぱい!

やはりベビーカーは必須アイテムの一つですね。

しかし、いざベビーカーを買おうと調べてみると種類がいっぱい過ぎて驚いた!なんてママも少なくないでしょう。

そこで、ベビーカーのタイプと特徴、選び方のポイントを紹介します。

月齢によって選ぶ、ベビーカーの種類とは!?

赤ちゃんとのお出掛けの際、必須アイテムとなるベビーカー。

一口にベビーカーといっても種類があり、月齢によって合うタイプが変わってきます。

まずは、ベビーカーのタイプと特徴を見ていきましょう。

タイプ 特徴
A型 生後1カ月以降から使えるベビーカーです。
首の座ってない赤ちゃんでも使用できるこのタイプは、赤ちゃんが生まれてすぐ用意するタイプのベビーカーですね。

小回りが利かず扱いずらいという難点はあるものの、振動が少ない為、赤ちゃんを安心して乗せられるベビーカーだと言えるでしょう。

B型 生後、7カ月以降でお座りができるようになった赤ちゃんが使用できるタイプのベビーカーです。

A型よりもコンパクトな為、扱いやすいのが特徴です。

AB兼用型 仰向けでも座った状態でも使えるベビーカーで、A型、B型、どちらにも対応できるベビーカーです。
長く使えるタイプですので、AB型兼用タイプを購入される方は多いですね。

また、A型のベビーカーと比べると軽量に作られており、最近ではB型とほとんど変わらない重量というベビーカーも増えています。項目内容

海外製品 ストローラーや三輪型など、海外で作られたタイプのベビーカーです。
デザイン性に優れ、丈夫である反面、大型で折りたたみにくいという難点も・・・

好みが分かれるのもこのタイプの特徴だと言えます。

バギー 生後7カ月から使えるこのタイプは、B型よりも更に軽量でコンパクトに畳めるのが特徴です。

よく歩くけど、長時間歩く時や眠い時はベビーカーがあった方が良いというお子さんにピッタリのこのタイプ。
3歳くらいまで使えるので、1台は持っておくと便利ですね。

どれにしよう?ベビーカーの選び方

前述したように、一口にベビーカーといってもベビーカーには種類がある上、月齢によって対象となるタイプが変わってきます。

その為、ご家族の生活スタイルや乗り心地、使い心地などに合わせて購入されると良いでしょう。

例えば、徒歩移動が多いという場合には、やはり多少重量があっても頑丈なものを選んでおく方が安心ですし、電車やバスなどに乗る機会の多い方は、コンパクトに畳めるものを選ぶ方が良いですね。

また、ずっと同じものを使い続けるというケースは少なく、1~2回は買い替えるという方も多いので、あまり高額すぎるベビーカーは無駄になってしまう可能性も!

ベビーカーを生後1カ月~3歳位までと長年使うものですので、「人気のもの」ではなく「生活スタイルに合ったもの」を選ぶことが大切です。

>> ベビーカー 一覧

aka-coupon-728_90
>> 妊娠・出産・育児を楽しくする通販サイト 赤すぐnet