No.08-001

個人差はあるものの、妊娠するとおっぱいが大きくなるママはとても多いですね。

これは、産後、赤ちゃんへ授乳するために乳腺や乳管の組織が発達するためです。

要は産後の授乳に向けておっぱいも準備をしているということになります。

しかし、産後、授乳が落ち着いてくると大きくなったおっぱいは段々小さくなっていきます。

ただただサイズダウンするだけであれば、元に戻った・・・で済むのですが、実際には?

萎んだように小さくなり形も下垂気味になってしまうこともしばしば。

こうなってしまったらもうおっぱいの形を元に戻すことはできないのでしょうか?
産後に垂れてしまったバスト対策について紹介します。

産後、おっぱいが垂れてしまう理由とは!?

授乳が落ち着き、パンパンに張っていたおっぱいの張りも落ち着いてきたな・・・と感じたのも束の間、あっという間に萎んだように小さくなってしまい、形が大分崩れてしまった!

こんな悩みを持つママは少なくありません。

しかし何故、大きくなったおっぱいが元のサイズに戻る際、形が変わってしまうのでしょう?

その原因は「乳腺」にあります。

妊娠中から授乳中にかけては、赤ちゃんへの母乳を作るために乳腺が発達しおっぱいが大きくなり、同時に皮膚も引き伸ばされるように伸びていきます。

しかし、授乳が落ち着いた頃になると乳腺の発達も落ち着き、次第におっぱいは元のサイズに戻っていくのですが・・・

乳腺の発達によって大きくなったおっぱいに合わせて引き伸ばされてしまった皮膚は元に戻らないのです。

膨らました後の風船をイメージすると分かりますね。

一度大きく膨らみ時間を置いた風船の空気を抜いてみると、伸びてしまっていますよね?

産後のおっぱいの皮膚にも同じ現象が起こる為、皮膚にたるみが出来てしまいおっぱいが下垂しやすくなってしまうのです。

産後の下垂したおっぱいを元に戻す!お助けアイテム

lubra

皮膚は一度伸びてしまうと、元通りに戻るにはかなりの時間が掛かる上、100%元通りに戻すことは正直難しいと言えます。

しかし、だからといって放っておくとおっぱいの形はどんどん崩れてしまうもの。

そこで、これ以上の下垂を防ぐ且つ、おっぱいの形を整えるようサポートするアイテムの使用をおすすめします。

産後の下垂してしまったおっぱいを助けてくれるアイテムとは!?

産後用のリフトアップブラジャー」です。

産後は、授乳の関係などでおっぱいのサイズが短期間で大幅に変化しますね。

個人差はあるとはいえ、妊娠前ではここまでの変化はなかったという方がほとんどでしょう。

その為、どうしてもおっぱいのサイズとブラジャーのサイズが合わないものを着用しがち。

しかしサイズの合わないブラジャーというのは、おっぱいの下垂を悪化させてしまいます。

最近は妊娠中から授乳直後のおっぱいのサイズ変化が大きい時期に使えるリフトアップブラジャーなども販売されていますので、こうしたブラジャーを活用し、サイズの合ったリフトアップブラジャーをつけ、おっぱいの形を整えていくことをおすすめします。

>> 産後ブラジャー 一覧

aka-coupon-728_90
>> 妊娠・出産・育児を楽しくする通販サイト 赤すぐnet