No.18-001

赤ちゃんは毎日色々な仕草をしますね。

可愛い仕草からママを癒してくれますが、中でも多いのが「指しゃぶり」。

見てる分には、凄く可愛い指しゃぶりですが、ママとしては「このまま指しゃぶりをさせて良いものか?」悩んでしまうものです。

赤ちゃんが指しゃぶりをしている場合、やめさせた方が良いのでしょうか?

赤ちゃんの指しゃぶりは本能

赤ちゃんの指しゃぶりというのは、実はお腹の中にいる時から始まっています。

これは「吸啜反射」といって、母乳やミルクを飲むための本能なんですね。

産後すぐから誰かに教えてもらったわけでもなく、母乳やミルクを飲めるのはこの「吸啜反射」があるからこそ。

この吸啜反射は、生後3カ月くらいまでの赤ちゃんに多く見られる仕草です。

また、指しゃぶりは他にも赤ちゃんにとっては「心の安定剤」的な役割も担っています。

お腹が空いている時、眠い時、寂しい時などに指しゃぶりをすることで、心の安定を図っているのです。

無理矢理止めさせると他の癖がでることも・・・

赤ちゃんの指しゃぶりは心の安定剤といった役割もある為、無理に止めさせようとすると赤ちゃんはストレスを感じます。

自分と置き換えてみると何となく理解できますよね。

その為、指しゃぶりを辞めさせられた赤ちゃんは他のことで心の安定を図ろうとする為、指しゃぶり以外の癖がつくこともあるのです。

赤ちゃんの指しゃぶりを見たら、すぐに止めさせることを考えるのではなく、まずは、どんなことを訴えているのか?考えてみると良いでしょう。

赤ちゃんの指しゃぶりを止めさせる時期

指しゃぶりは赤ちゃんにとって心の安定剤とはいえ、放っておくと2歳、3歳になっても指しゃぶりの癖が抜けなかったり、指しゃぶりをしすぎて歯並びや顎の形成に影響を与えてしまうケースもあります。

その為、短時間の指しゃぶりであれば問題ないものの、長時間の指しゃぶりや指しゃぶりが癖になってしまっている場合には、やはり、止めさせる必要があるでしょう。

では、どれくらいの時期に止めさせるべきなのか?

目安としては、2~3歳くらいの時期に無理矢理ではなく、自覚を持たせながら止めさせていくことが大切です。

そんなに大きくなってからでは歯並びが・・・と不安を持たれるママもいますが、永久歯が生える6歳までに止めることができれば、差ほど問題とはなりません。

それよりも、きつく叱って無理矢理止めさせる方がお子さんにとってはストレスが大きく悪影響ですので注意が必要です。

あくまでも自覚して止めることがベスト。

指しゃぶりを止めるペースの主導権はお子さんで、ママや周りの家族はサポートとして考えると良いでしょう。

aka-coupon-728_90
>> 妊娠・出産・育児を楽しくする通販サイト 赤すぐnet