No.10-001

虫歯を予防する効果のあるフッ素。

新生児の頃は、まだまだ先・・・なんて考えていたママも赤ちゃんの歯が生え始めると虫歯の心配などが出てきますね。

赤ちゃんの歯が生え始める時期は、個人差が大きく大体生後3カ月~9カ月頃と言われていますが、中には生まれた時から既に生えていたり、1歳を過ぎてからようやく1本目が生えてきたという赤ちゃんも珍しくありません。

何れにせよ、赤ちゃんの歯を虫歯から守りたいと考えるママはとても多く、虫歯予防効果のあるフッ素について気になっているママが少なくないのです。

生え変わるから大丈夫!なんて思わないで!

赤ちゃんの頃に生えてくる歯は、「乳歯」といって何れ抜け「永久歯」に生え変わります。

その為、ママの中には何れなくなるのだから特にケアしなくても・・・と思ってしまう方もいるのです。

しかし、それは間違い!

虫歯というと、強い痛みを感じますが、これは永久歯の特徴。

乳歯の虫歯は痛みをあまり感じない上、見た目も白い為、なかなか気付かないケースも少なくありません。

その為、気付いた時にはかなり虫歯が進行していた・・・なんてことも。

しかしこれが問題なのです。

乳歯は何れ抜ける歯であるものの、その後には永久歯が生えてきますね。

実は、乳歯の虫歯が悪化してしまうと神経まで到達してしまい、その後、生えてくる永久歯の邪魔をしてしまうことがあるのです。

永久歯は、乳歯と違って大人になってからも使う歯。

そんな大切な永久歯の邪魔をしてしまうとなると、やはり放っておく訳にはいきませんね。

フッ素はいつから!?フッ素で虫歯予防をする目安

フッ素は、歯に塗布することで虫歯を予防することができます。

その為、お子さんの歯にフッ素を塗布することを考えるママはとても多いのですが、気になるのが塗布する時期。

フッ素はいつから塗布すると良いのでしょう?

目安としては、上下4本ずつ、合わせて8本の歯が生え揃ったらフッ素を塗布する時期と考えましょう。

まだ生え始めたばかりの乳歯であれば、フッ素を塗布する必要はありません。

また、塗布する方法ですが、歯科クリニックで行なう方法と自宅で行なう方法とがあります。

おすすめは「自宅で行なう方法」です。

dentalspray

歯科クリニックで行なう方が、強いフッ素を使うことができるのですが、大人でも苦手な方が多い歯科クリニック。

赤ちゃんにとっても大きなストレスとなる可能性は高いですね。
また、知らない人に口の中を見られて、触られるのは・・・

その後の歯医者嫌いの原因となることも!

始めは自宅でケアして、ケアされることに慣れた頃、歯科クリニックへ・・・という風に段階を踏んだ方が良いと言えるでしょう。

>> 自宅で行なう フッ素ケアスプレー

aka-coupon-728_90
>> 妊娠・出産・育児を楽しくする通販サイト 赤すぐnet