No.07-001

最近のおむつは、通気性が良く良質であると言われていますがそれでも毎日、おむつをしている赤ちゃんのおしりはかぶれてしまうなんてことも珍しくありません。

ママとしては色々気を付けているのに、赤ちゃんのおしりが真っ赤にかぶれているのを見ると居た堪れなくなってしまいますね。

そんな赤ちゃんのおむつかぶれですが、何か対策はあるのでしょうか?

そもそも赤ちゃんのおむつかぶれは何故起こる!?

赤ちゃんの肌は大人の肌と比べるとまだまだ薄くてデリケート。

更に、長時間おむつをしている赤ちゃんのおしりは、体質や健康状態、環境、季節、うんちやおしっこなどの刺激を受けてしまう為、赤みや湿疹などといったかぶれ症状が起こりやすい上、悪化すると血がにじんでくるほどひどい状態となってしまいます。

赤ちゃんのおむつかぶれにおすすめ!便利アイテムをチェック

気を付けていても起こってしまう、赤ちゃんのおむつかぶれ。

おむつかぶれが起こったら、これ以上悪化させない為にも早めに対策を取ることが大切だと言えるでしょう。

では、具体的にどうすれば良いのか?
おむつかぶれ対策アイテムを使うことをおすすめします。

おむつ周り用クリーム

ocream

赤ちゃんの肌に刺激を与えない成分で作られたおむつ周りようのクリームです。

おむつ周りを始め、汗をかきやすい部分で塗ってあげることで肌をサラサラの状態に保ち蒸れからおしりを守ってくれますので、おむつかぶれ対策にピッタリだと言えるでしょう。

肌荒れを防ぐ成分が入っているタイプがおすすめです。

>> おむつ周り用クリーム

泡タイプのソープ

babysoap

赤ちゃんに使えるソープは低刺激で作られていますが、それでも形状によっては赤ちゃんの肌に負担を掛けてしまいます。

特に注意したいのが、石鹸や液体のソープ。

製品自体は問題ありませんが、泡立ちが不十分だと赤ちゃんのかぶれたおしりには刺激となってしまうことも!

毎回入念に泡立たせるのは大変ですし、始めから泡タイプのソープを使った方が安心ですね。

>> 泡立ちが良い ベビーソープ

低刺激おしりふき

oshirifuki

おしりふきは、使い捨てアイテムとはいえ、赤ちゃんのかぶれたおしりに直接触れるものですので、やはり刺激が少なく水分量が多いタイプを使うことをおすすめします。

但し、どんなに低刺激タイプでも強く拭き取るのはNG!

また、あまりにおむつかぶれが酷い場合には、おしりふきで拭き取るのではなく、シャワーで洗い流すのもおすすめです。

>> 低刺激おしりふき 一覧

改善が見られない場合は、小児科へ

赤ちゃんのおしりかぶれは、多くのママが経験することだと言っても過言ではありません。

気を付けていても起こってしまうおむつかぶれ。

おむつかぶれ対策は、してあげるべきだといえます。

但し、どんなに対策を取っていてもなかなか改善されない場合、または、悪化している場合には一度、小児科を受診されると良いでしょう。

おしりかぶれ用の軟膏を処方してもらうことができます。

赤ちゃんのおむつかぶれは、早めに対策し早く治してあげることが大切です。

長引くようであれば迷わず医師に相談して下さいね。

aka-coupon-728_90
>> 妊娠・出産・育児を楽しくする通販サイト 赤すぐnet