No.09-001

赤ちゃんの成長によって差はあるものの、大体生後5~6カ月頃から始まる離乳食。

始めはお米やパン、じゃがいもなどといった炭水化物をペースト状にしたものから始めていく離乳食ですが・・・

食器や調理器具は、離乳食用に揃えた方が良いのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

離乳食用の食器や調理器具は揃えるべき!?

赤ちゃんの離乳食を作る調理器具や赤ちゃんの離乳食を入れる食器ですが、専用の物を用意するべきか?家にあるもので代用してしまって良いものなのか?

気になりますよね。

結論からいうと、離乳食用の食器や調理器具は揃えるべきだといえます。

ではその理由を見ていきましょう。

離乳食用の調理器具の役割

赤ちゃんは、まだ歯が生えそろわず噛みにくい状態です。
また、離乳食によって「噛む」「飲み込む」といった過程を覚えていく為、赤ちゃんの成長に合わせた形状の食事を用意する必要があります。

離乳食用の調理器具というのは、こうした赤ちゃんの成長に合わせて作る形状の料理を調理する為に役立つ器具となっています。

すりこぎやすり鉢、裏ごし器などは必須アイテムですし、計量スプーンや計量カップなどは細かく計れるタイプが理想です。

こうしたアイテムを既に大人用として使用しているご家庭もありますが、離乳食用の調理器具の方が軽量且つコンパクトで使いやすくなっているので、毎日、使うことを考えるとやはり専用のものを用意した方がママも楽だといえるでしょう。

離乳食用食器の役割

離乳食用の食器というのは、まだ食べることに慣れていない赤ちゃんでも食べやすい形状に作られています。

また、落としても割れたり怪我をしてしまう心配のない材質で作られているものが多いのも特徴です。

食器に関しては、無理に離乳食用を揃える必要はないかもしれませんが、離乳食後も使うことはできますし、利便性などを考えるとやはり一式揃えておく方がママとしては楽ですね。

離乳食用の調理器具、食器はセット販売されているものがおすすめ

離乳食用の調理器具や食器を揃えようとすると、結構な量になりますね。

そこでおすすめしたいのが、良く使うアイテムがセットとなって販売されている商品です。

離乳食で使うことの多い調理器具一式、離乳食に使う食器一式など比較的よく使うアイテムがセットになっていますので、細々と色々買うよりも便利ですね。

また、使い続けるうちに消耗してきたものや、もう少し数があった方が良いと思うものは単品で購入すれば良いことなので、一通り揃える最初の時期はセット販売されている調理器具や食器をおすすめします。

aka-coupon-728_90
>> 妊娠・出産・育児を楽しくする通販サイト 赤すぐnet