No.12-001

赤ちゃんから幼児まで、小さなお子さんの知能の発達や学習的な成長のサポートをしてくれる知育玩具(おもちゃ)。

遊びながら知能発達、成長を手助けしてくれる知育玩具は、ママにとってもありがたい存在ですね。

そこで、0ヶ月から2ヶ月のいわゆるねんね期の赤ちゃん向けの知育玩具を紹介していきましょう。

ねんね期の赤ちゃんの知育玩具ならこれがおすすめ!

1.メリー

merry

お布団で寝ている赤ちゃんの上をゆったりとした動きでクルクル回るメリー。

赤ちゃんのいるご家庭なら大抵はあるといっても過言ではない程メリーは人気の知育玩具と言えるでしょう。

一口にメリーといっても種類がありますが、一般的によく知られているのはオルゴール調のメロディが流れるものですね。

視力や聴力が未発達なねんね期の赤ちゃんにとって、メロディを流しながらマスコットがゆっくりと回るメリーは、日に日に見えるようになる目と音を楽しむ感覚を優しく刺激してくれますので、脳の発達に役立ちます。

オルゴール調のゆったりとしたメロディは、赤ちゃんの聴覚機能を刺激するだけでなく、心を落ち着かせてくれる効果もあります。

また、メリーの中にはママのお腹の中にいる時に聞こえてくる音が流れるタイプもあり、赤ちゃんがぐずっている時やうまく眠れない時などに流してあげると赤ちゃんもリラックスしてくれるのでおすすめですよ。

>> おすすめのメリー

2.ラトル

rattle

カラフルで色々な形の種類があるラトルは、赤ちゃんの「視覚」「聴覚」「嗅覚」「味覚」「触覚」の五感を程好く刺激し、成長を促してくれる知育玩具です。

ビニール製のものから木製のものまで、一口にラトルといってもいくつも種類があり、形も様々ですが、一つだけでなく違うタイプのものをいくつか与えてあげるのがおすすめ。

始めはあまり興味を持たない赤ちゃんでも、手の届くところに置いておいてあげることである時から急に興味を持ちよく遊ぶようになるなんてことも珍しくありません。

何タイプか用意して赤ちゃんの五感を育みましょう。

>> ラトル 一覧

まとめ

ここれでは、0ヶ月から2ヶ月くらいのねんね期の赤ちゃんに向けた知育玩具を紹介しましたが、赤ちゃんによっては最初は全く興味を持たないなんてこともよくあります。

しかし、赤ちゃんの成長は目まぐるしく昨日まで全く興味を持たなかったというものでも今日になったら喜んで遊んでいるなんてことも珍しくありませんので、興味を示さないから与えないではなく、興味を示さなくても取り敢えず赤ちゃんから見える所、手の届くところに置いておきましょう。

また、ラトルなどはあやす時に使ってみるのもおすすめですよ。

aka-coupon-728_90
>> 妊娠・出産・育児を楽しくする通販サイト 赤すぐnet